TOPページへ戻る


只今、準備中です

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

犬種名 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
原産国 イギリス
体高 28〜32cm
体重 6〜8kg
グループ トイグループ
ルーツ イギリス王室チャーズル2世に溺愛されていたキング・チャーズル・スパニエルが、パグなどとの交配により吻(鼻)が短くなり中世の頃の面影を失われてきたため、愛好家により復活させようと19世紀に改良され誕生しました。「キャバリア」とは中世の騎士を意味しており、たくましく勇ましい犬種の復活を願う気持ちが込められつけられたとか。
性格 非常に明るくて人なつこく、温和で活動的。とても友好的な性格なので誰にでも飼いやすく、子供やお年寄りの相手も得意です。警戒心が低いので番犬としても期待はできないかも。
しつけ 飼い主への服従心があるので、しつけは入りやすい犬種です。しかし、厳し過ぎるしつけや、過剰な放任、甘やかしすぎはこの犬種のいい性格が引き出すことができないので注意が必要。耳の長い犬種なので、耳の手入れは定期的に心がけ、美しい被毛を保つために毎日のブラッシングも必要です。運動好きなので散歩も毎日忘れずに。
その他 長い垂れ耳と前胸、足には長い飾り毛がいっぱいでとても愛らしい姿をしています。室内飼いでひ弱になってしまったキング・チャールズ・スパニエルを、犬舎でも飼えるようにたくましく改良された犬種でもあるので、その可愛らしさに似合わず屋外でも飼うことができます。