TOPページへ戻る


只今、準備中です

手作りゴハンにチャレンジ
「いつも同じフードだけじゃ、なんだか味気ない」と感じているオーナーさんも多いのではないでしょうか。しかし、毎日、手作りのごはんを与えようとするのなら、きちんとバランスの取れた食事が作れるように栄養学などを学ぶ必要があります。栄養の偏りは健康障害につながってしまいます。子犬の場合にはその成長に支障をきたしてしまう恐れがあります。ならば・・・栄養の偏りの心配も無く、簡単にできて、愛犬も飼い主さんも気軽に楽しめるものを試してみるとよいでしょう。
 手軽に、簡単に、楽しめるのが、いつものフードに野菜や果物を乾燥させたものをトッピングするだけのもの。ペットショップなどのおやつコーナーでも販売されている、乾燥させたキャベツやニンジン、リンゴなどを使います。愛犬が好きなものを数種類選んで、彩りよく盛り付けましょう。これなら、おやつを与えるのと同じ感覚で作ることができるので、あまり栄養素やカロリーを心配する必要はないでしょう。愛犬の喜ぶ姿も楽しみです。生の野菜や果物はうまく消化できない場合があるので、トッピングとしての利用は避けた方がよいでしょう。また、人間用に加工されている食品は塩分や糖分、他の添加物などが多く入っているので、愛犬用のごはん作りには使用しないでください。
※処方食を与えている場合には、必ず獣医さんと相談をして、何をどれくらい与えてよいのか、また、愛犬がアレルギーをもっている場合にも事前に獣医さんに相談すると良いでしょう。
「医食同源」の言葉の通り、犬にとっても食事はとても重要で、栄養の偏りや肥満は愛犬の将来の健康に悪影響をおよぼします。