TOPページへ戻る


只今、準備中です

肥満改善
 最近太り過ぎの犬が多くなっています。その原因としては、人間と同じように、食べ過ぎや運動不足、もしくはその両方です。
人間の食べる物に含まれる塩分や糖分、脂肪は、犬にとっては多すぎる傾向にあるので、愛犬に食事やおやつとして与えるのは、望ましくありません。ドッグフードのみ与えており、散歩も十分行っているにもかかわらず、肥満傾向にある場合には、そのフードのエネルギー量と愛犬のエネルギー消費量のバランスが取れていないことが考えられます。その場合には、肥満対策用のフードに切り替えるとよいでしょう。また、心配なようであれば一度、獣医さんに相談し、適切なアドバイスをもらうことをおすすめします。
どんな犬種でも毎日の適度な運動は必要です。1日に必要な運動量は犬種によって違いがありますので、その犬種の特性をよく理解し、愛犬のコンディションにあった運動の機会を与えます。天候や時間の都合で散歩に出られない場合には、室内でできる運動や、室内ドッグランのある施設を利用しましょう。
 肥満は愛犬の健康障害の第一歩です。太り過ぎが原因で起こる病気はさまざまあり、重大な内臓疾患や関節炎などを引き起こしてしまいます。
●肥満防止策
・人間用に加工・調理した食物を与えない
・ドッグフードは決められた量と回数だけ与える
・コンディションの変化に早めに対応する
・おやつを与え過ぎない
・適度な運動を毎日する