TOPページへ戻る


只今、準備中です

応急処置
犬との生活の中で事故などのトラブルにより突発的に犬の状態が変化することがあります。どんなときも落ち着いて、応急処置を施し、愛犬の命を守るのもドッグオーナーの大切な使命です。

暑さが原因でぐったりしてしまったとき
熱射病や日射病の恐れがあります。風通しの良い涼しい場所に移し、水を与えます、濡れタオルで体を覆い体温を下げます。氷袋を脇の下などにより体温を下げます。

切り傷による出血
タオルで傷口を押さえて止血します。

交通事故にあってしまった時
外傷はなくとも大きな力が加わっているので、体の内部に障害を受けている可能性が高くあります。安静にして必ず動物病院で診察を受けましょう。


応急処置を施した後、動物病院へ行ききちんと治療を受けましょう。