TOPページへ戻る


只今、準備中です

爪きり
室内で生活する犬が多い中、犬の爪切りは日頃のケアの中でも欠かすことのできないものです。犬の爪の中には根元の部分に血管が入っていますのでこの血管を切らないように短く切り落とします。爪切りを嫌がる犬もとても多いので、子犬の頃から爪切りを習慣化し、こまめなケアを心がけましょう。
犬の爪には大きく分けて2種類あります。白っぽい爪と黒っぽい爪です。白い爪は中の血管が透けて見えるため、赤くなっていない部分を犬専用爪切りで切り落とします。黒い爪は血管部分がわかりませんので、先端から少しずつ切り落としていきます。切った爪の断面が黒くなったらまもなく血管にあたりますので、その時点で終わりにします。万が一、切り過ぎによって出血してしまった場合には、止血剤で出血を止めると良いでしょう。また爪切りの仕上げにはヤスリをかけ、断面の角を落とします。犬が自分の体を掻いた際に、皮膚に傷をつけないようにするためです。切った爪の切り口の角を落としてあげます。