TOPページへ戻る


只今、準備中です

シャンプーのコツ
犬のシャンプーの頻度はその犬種や生活環境によってさまざまですが、月に1回〜2回ぐらいを目安にします。体を洗うという行為は犬にとって少なからず負担がかかります。頻度を誤ると犬の被毛や皮膚を傷めてしまうばかりか、体力の大きな消耗にもつながりますので注意が必要です。市販されているシャンプーもその種類や成分はさまざまです。成分や香り、シャンプー後の仕上がりの状態から愛犬にあったシャンプーを選びましょう。
シャンプーの作業は短時間に終わらせることが犬への負担を軽減させるもっとも重要なポイントです。ブラシ、コーム、シャンプー、タオル、ドライヤーなど必要な道具を全て揃えて、できれば2名で作業を行うと、より手際よくシャンプーをすることができます。シャンプー時の主な注意点を留意し、犬への負担を軽減してあげましょう。


1.シャワー温度はぬるめのお湯37℃から38℃程度が適温です。
2.耳や鼻に水が入らないように。首から上へは直接シャワーをかけない。
3.風邪を引かないように暖かい日を選んで。あるいは乾燥させる部屋を暖かくして。
4.シャンプーの工程全体を手際よく短時間で仕上げる
5.完全にシャンプーが終わったときにはごほうびをあげることをおすすめします。