TOPページへ戻る


只今、準備中です

咬みつかない犬
犬の「咬む」行動にはいくつかの理由があります。その理由を正しく理解して、一つ一つ解決していくことが必要です。子犬の場合は歯の生え変わり時期によく、ガシガシと連続的にものを噛もうとします。これはその時期特有のものですので、止めさせるのではなく、おもちゃなどを与え、正しいものをかじることを教えていきます。遊びの中でつい興奮して咬んでしまう。こんな時は、「いけない」ということを言葉と態度で示します。また過度な興奮をしないようにしつける必要もあります。
警戒心や不安感から咬みつく犬がいます。低くうなる、攻撃の姿勢をとるなどした後に咬みつく場合がこのケースです。咬みつく兆候のある時は無理に近づいたりはせず、ゆっくりと警戒心や不安感を取り除く練習をもう一度行いましょう。オーナーへの信頼関係の薄さが、このような行動につながることも多々あります。頼りないという感情から自立心が芽生え、やがて警戒心や不安感を呼び覚ますのです。
人に危害を与える可能性のある犬は犬自身もそうですが、オーナーや危害を与えてしまった人など多方面に迷惑をかけてしまいます。そのような状態になってしまうのも、改善をするのも全てオーナーの意識次第です。犬のためにもきちんとした関係を保ち、幸せに暮らせるようしっかりとしたしつけを行いましょう。