TOPページへ戻る


只今、準備中です

おやつの与え方
 飼い主さんにとって、愛犬におやつを与えることはドッグライフの楽しみの一つです。、愛犬が喜んで食べる姿はとても愛らしいでしょう。しかし、きちんとしたドッグフードを決められたとおりに与えていれば、十分な栄養が取れているので、本来おやつを与える必要はないのです。ですので、栄養過多による太り過ぎや、おやつの食べ過ぎでドッグフードが食べられないというようなことがないように気をつけて与えるようにしましょう。
 おやつを購入するときにはまず成分表を見て、できるだけ添加物の少ないものを選びましょう。「無添加」が理想的です。そして、粒の大きさや硬さが愛犬に合っているか確かめましょう(※商品を傷つけないように注意)。また、愛犬が食品アレルギーをもっている場合には、おやつを購入する前に獣医さんに相談すると良いでしょう。
 犬にとってはおやつの大きさよりも、もらえる行為そのものがうれしい傾向にありますので、1つのおやつを小さくして数回に分けて与えるとよいでしょう。そうすれば、与え過ぎ(愛犬の食べ過ぎ)を防ぐことができます。
 骨を与える場合には、十分な硬さがあるかどうか必ず確認しましょう。骨が割れると、のどに刺さったりして非常に危険です。また、人間の食べ残しの骨は小さく、強度が十分でないため、特に注意が必要です。鳥の骨は裂けてしまいとても危険なので、与えてはいけません。
 豚耳などの時間をかけて食べるおやつを与えるときには、注意して見ているようにしましょう。おやつが小さくなると、犬はそれを飲み込もうとします。飲んでしまうこと自体は問題ありませんが、のどにつっかえてしまうことがあるので気をつけましょう。