TOPページへ戻る


只今、準備中です

トイレのしつけ
犬のトイレのしつけは犬のもつ特性を利用して習慣化させます。まず子犬の行動範囲をサークルなどを利用して狭めます(ベッドの2倍程度の大きさ)そしてそのエリアの半分にベッド。別の半分にペット用のシーツを敷きます。犬は自分の寝床は汚さない習性を持っていますので、もし寝床以外の場所全てにシーツが敷いてあれば、ほぼシーツの上で排泄をします。そして排泄をしたらほめてあげて、サークルから出し、広い場所で遊んであげます。このことを繰り返すことにより、犬はシーツの上で排泄するとほめられることを覚え、シーツ上の排泄を覚えます。次に行動範囲を広げた場合はシーツの面積も2倍に広げます。自らシーツの上に向かう子犬は問題ありませんが、別の場所の匂いを嗅いでいたり排泄の姿勢をとろうとした場合は、シーツのところへ連れて行ってあげましょう。うまくシーツの上でできた場合には、少し大げさなぐらいほめてあげると良いでしょう。
犬は自分の排泄物の匂いのするところに繰り返し排泄する習性をもっていますので、習慣化はしやすいのです。もし、別の場所でしてしまった場合でも怒ってはいけません。匂いが残らないようにすばやく掃除をして消臭剤などで匂いもしっかりと消しましょう。その処理が不十分ですと、次回もまた同じ場所で排泄してしまいますので注意が必要です。ても大丈夫。