TOPページへ戻る


只今、準備中です

動物病院へ行く
動物病院は健康診断や予防注射、処方食の購入、健康相談あるいは突発的な病気と行く機会が多くあります。動物病院へ出かけるときは、処置後に安静にすることが必要な場合があるので、ハードキャリー(クレート)やソフトキャリーを利用します。予約制ではない動物病院の場合には多くの犬や猫が待合室で順番を待っていることがあります。そんなときでもしっかりと愛犬をコントロールし、他の方へ迷惑をかけないようにしなくてはいけません。
診察の際の備えとして、いままでの経緯を書き記した簡単なメモを事前に準備しておくとよいでしょう。いつ頃から、何がどうなったのか?その間、どのように変化したなどをきちんと整理しておくことで、スムーズに診療が行われます。事細かな状況の報告が獣医さんのより的確な判断をサポートします。
病気や予防注射の時だけ、動物病院へ連れて行くと犬に痛い思いばかりを植えつけることにつながり、将来、クレートやキャリーバッグを見ただけで抵抗するようになってしまうことも考えられます。健康診断や処方食の買い物などを織り交ぜることで、そのような印象を和らげることができます。子犬の頃から動物病院は楽しい場所という印象を与え、抵抗無く行くことができるよう慣らしておくと良いでしょう。