TOPページへ戻る


只今、準備中です

関係作り(2)
家庭内での序列を作るには食事の順番、家や部屋を出る順番、命令をする順番などに配慮します。人が食事を終えた後に、犬の食事が始まるようにしましょう。お散歩に出かけるときはオーナーから先に玄関を出て、犬は人の後をついて外に出るようにしましょう。帰ってきたときもまず人から家に入ります。そんな習慣を家族全員が身につけることで、自然と序列が決まっていくのです。
命令の順番はとても難しいのですが、ぜひ取り組んでみましょう。絶えず犬はオーナーにねだりをします。「おやつちょうだい」「遊んで遊んで」「散歩に行こうよ」・・・可愛いまなざしで要求されるとつい応えてしまうのがオーナーですが、犬からの要求がやがて犬からの命令に変わってしまう危険もあるのです。ですので、犬からの要求の前にオーナーからのごほうびとしておやつをあげたり、遊んであげたり、散歩に連れて行ってあげたりという行動が必要です。オーナーの大げさとも言える「ごほうびの表現」(高い声で笑顔で表現する)を入れることもコツの一つです。