TOPページへ戻る


只今、準備中です

飼い主の義務
犬は私たちの家庭にたくさんの喜びと幸せを運んできてくれます。しかし、動物たちは人間のファッションやなぐさめのために生まれてきただけではないのです。一頭一頭が私たちと同じ命ある大切な生き物です。ただ可愛いからといって簡単に購入をしてしまっては、犬もオーナーも不幸せなドッグライフになってしまう危険があります。犬の一生はオーナーに100%委ねられるということを理解しましょう。オーナーは犬の命を守り、しっかりとしつけをして、犬も人も幸せに暮らすという責任を負わなければなりません。
誤ったドッグライフを避けるために、犬との暮らしを始める前にもう一度良く、考えていましょう。
・家族全員がペットを飼うことに同意しているか
・引越しや、家庭内の妊娠/出産または病気などの場合でも飼育が可能か
・住まいはペットを飼うのに十分な条件がそろっているか
・犬を飼うための経済的余裕があるか
・その犬種にあった世話をする時間的余裕があるか
・ドッグオーナーとしてマナーをしっかり守ることができるか
毎年、たくさんの犬が飼い主の都合で処分されています。その理由は「引越し先では飼えないから」「赤ちゃんが生まれたから」「病気や怪我の治療費が払えないから」などです。そんな理由で命を絶たれる動物たちをなくすために、犬を飼い始める前に、家族全員がその責任をよく理解できるように話し合いましょう。ドッグオーナーと非飼育者との間のトラブルも年々増加傾向にあります。犬のことが苦手な人がいることも十分に理解し、楽しいドッグライフを過ごしましょう。