TOPページへ戻る


只今、準備中です

ノミ・ダニ予防
 ノミやダニなどの寄生虫が多く発生するのは、湿度と気温が高い夏ごろですが、最近は家庭内で繁殖することもあり、冬場に発生する例も多く見られるようになりました。ですので年間を通したノミ・ダニ予防を心がけましょう。ひとだびノミやダニにかまれると、激しい痒みを引き起こします。そして掻くことで大きくなった傷口が原因で感染症を引き起こすこともあります。愛猫にそんな大変な思いをさせることのないように十分気をつけて予防に努めましょう。
 予防方法は、経口投与の錠剤やスポットタイプ、専用の首輪などがあります。獣医師の処方が必要なものとそうでないものがありますが、どれがお家の愛猫にあっているのか獣医さんに相談することをおすすめします。
 また、毎日のブラッシングも大切です。毛玉はノミやダニの格好の温床になってしまうので、健康チェックとあわせてブラッシングをするとよいでしょう。また猫の体以外での発生もありますので、生活空間の衛生を保つことも大切な予防策の一つです。