TOPページへ戻る


只今、準備中です
薬の与え方
 例え健康な猫でも、いつ何時、投薬が必要になるかもわかりません。錠剤を与える場合は猫の口を開け、喉に直接薬を入れてあげます。無理に口を開けようとすると、猫は四肢と柔らかい体を上手に使って、懸命に逃げようとします。その際に思わずひっかかれたりする危険もありますので、2人がかりで行うほうが短時間で楽にできます。
一人が猫の上あごと下あごをつかみ、口を開けます。そしてもう一人が薬を喉に投入します。
粉薬は食事の際に、量をいつもより少なめに盛ったフードの上にふりかけて上げます。
通常通りの食事の量では、ねこがうまく薬がふりかけてある部分を除いて食べる恐れがあります。
どうしてもうまく投薬できない場合には早めに獣医さんに相談すると良いでしょう。

薬は決められた通りに投与する必要があります。小さいうちから爪切りや歯磨きなどのお手入れに十分慣れさせ、投薬もスムーズに行えるように準備を進めて起きましょう。