TOPページへ戻る


只今、準備中です

爪切り
 猫の爪は前肢に5本、後肢に4本あり、普段は鞘のようなものの中に入っていますが、必要な時に自由に出し入れできるのです。鋭い爪がありながら静かに歩くことができるのもそのためで獲物をとったり、高いところに上ったりする以外はつめの鞘の中に納まっています。爪は猫にとっては生活する上での重要な体の一部分なのですが、人にとってはやっかいな面もあります。中には爪を抜いてしまう方もいるようですが、猫には大きなストレスを与え、あるはずの爪が無いと猫自身が誤って怪我をしてしまう恐れがあります。
爪のお手入れは爪の先端を猫専用の爪切りで切り落とす程度にとどめておきます。血管が透けて見えるので、血管が通っている部分まで切らないよう慎重に爪切りを行ってください。