TOPページへ戻る


只今、準備中です

避妊・去勢
 通常、避妊(不妊)去勢手術は生後6ヶ月程度から受けることができます。ここでは、避妊(不妊)去勢のメリットとデメリットをいくつかご紹介します。信頼できる獣医師さんとよく話し合い、愛猫に手術を受けさせるかどうか判断しましょう。

■避妊(不妊)するメリット■去勢するメリット
・望まない妊娠・出産を避けられる
・発情期のストレスを軽減できる
・乳がんや子宮の病気を避けられる
・その他のがん予防にも効果がある
・夜鳴きや脱走を防げる
・スプレー行為を軽減できる
・発情期のケンカや、事故で負う怪我のリスクを軽減できる
・前立腺などの病気を避けられる
・がん予防にも効果がある
■避妊(不妊)去勢のデメリット
・太りやすくなる
・稀ではあるものの、全身麻酔にはリスクがある
・繁殖したくなってもできない

手術費用や入院期間などは動物病院によって異なる場合があるので、こちらも事前に問い合わせをするとよいでしょう。